どうして顔の汗が止まらない!?原因編

夏でもないのに顔だけ汗がすごい、少し動いただけなのに顔にやたらと汗をかいてしまう、そんな顔汗に悩んでいます。なぜ顔だけに汗をかいてしまう現象が起こるのか?原因がわからないので不安になりますよね。
そこで顔汗の原因や種類について解説していきます。

どうして顔だけに汗をかくの?

夏の暑い時期でもなく、運動を行ったあとでもないのに顔から汗が止まらなくて困る、そんな顔汗をどうにかしたいものです。顔汗にはどんな原因が考えられるのでしょうか。

まず考えられる原因としては、肥満体型や運動不足になっていることがあるようです。

発汗は体温調節をするための大切な役割を果たしています。
運動不足により体温の上がらない生活を続けることで汗を分泌する機会が少なくなり下半身や腕などの汗腺が休眠状態に入るんですね。

多くの汗腺が休眠している状態で体温調節する際に、動きの多い顔の汗腺から多くの汗をかくようになってしまうわけです。

顔汗の種類について

汗にも種類があるようです。
汗の種類は

温熱性発汗、精神性発汗、味覚性発汗の3つに分類ができそれぞれで発汗する場面が違います。

まず温熱性発汗は運動したときや体温が上昇したときに出る汗で、上昇した体温を下げるために出る汗です。


精神性発汗は緊張したときや興奮したとき、ビックリしたときにかく汗で、冷や汗とも呼ばれます。


味覚性発汗は辛い物や酸っぱい物など刺激物を食べたときにかく汗です。


暑くない時期に顔から汗が多く出て拭いても止まらないような場合は温熱性発汗の可能性が高いようです。
汗腺の機能が低下していると熱がこもってしまい顔から大量の汗が出てしまいます。

顔汗は蒸発しにくいベタベタした汗であることが多いようです。
その理由は、汗腺の機能が低下していることによりミネラルがうまく汗腺で処理されず、汗に混じって分泌されてしまいベタベタとした汗になるメカニズム。

精神性発汗も突発的に発汗されるためベタベタとした汗になりやすくなります。

顔汗が止まらない人の特徴

顔汗がひどい人にはどのような特徴があるのでしょうか。
まず顔汗がひどい人には肥満体型の人が多く見られるようです。

汗は体にこもった熱を体外へ排出する役割をしてくれます。
肥満体型の方ですと汗が対外へ排出されるのを脂肪が妨げてしまいます。

排出できなかった汗は脂肪のない部分から出るしかありませんので脂肪の比較的少ない額からの汗になって排出されてしまうことになります。

最近太りすぎてしまったという方は、顔汗にも悩んでいたりすることも多いのではないでしょうか。
他にはストレスなどにより自律神経が乱れている方に顔汗がひどくなる特徴があります。
自律神経には交感神経と副交感神経があり、発汗を促すのは交感神経が優位に動いたときです。

しかしストレスで交感神経が常に優位に動いてしまうと発汗作用のコントロールが効かなくなってしまい結果的に顔汗がひどくなってしまうということが起こります。

どうして顔の汗が止まらない!?原因編/まとめ

顔汗には運動不足や顔面多汗症、更年期障害などいろいろな原因が考えられることがわかりました。
顔汗がどのような種類であるかも知ることができました。

暑い時期でもないのにベタベタとした顔汗が止まらないのはとても気になりましたが、根本的な原因がわかればどのようにすると顔汗を抑えることができるのかを考えることができそうです。

なぜ顔汗がベタベタするのかという理由も理解することが出来たので、顔汗がベタベタしていてもそれほど気にしなくてもいいのかもしれません。
顔汗に繋がる原因から遠ざかる生活を送ることが顔汗を抑えていくことになります。

肥満体型の方や自律神経の乱れがある方も、顔汗の原因になっていたことを認識することで生活を見直すきっかけになるかもしれません。
顔汗がひどくなる原因はそれぞれ違いますが、原因がわかることにより顔汗を軽減させる生活を送ることが出来るのではないでしょうか。

サラフェプラスで顔汗を克服してみた♪

私は顔汗で毎日化粧がグズグズに崩れ、すっかり疲れて見えてしまってますあせあせ

また、汗が原因の肌荒れが加速してなかなか治らなかったりと不幸に見舞われたり。。

散々です。でも、良いアイテムを見つけましたよるんるんラブ^^
続きはこちら

コメントを残す

顔汗訴求